PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オンボード4GBのメモリを8GBに増やそうしたが… (ASUS Vivobook X202E改造)

最近のASUS格安ノートは拡張メモリスロットがなく、オンボードでメモリが搭載されている。
例えば、ZenbookやVivobook、Xなんとか、Eなんとか、Sなんとか…機種多すぎてわかんね。

ウチのX202Eもオンボードメモリで4GBだ。
x202e-mb-001.jpg

拡張メモリスロットがないので当然メモリは搭載容量固定となり、増設はできない。
したがって、諦めて搭載容量で使い続けるしかない。

普通は。

話は変わるが、以前に電源の入らないASUS Vivobook X202Eの電源コネクタを交換したが、マザーボードの故障で通電しなかったことがあった。

非常に綺麗な個体だったため、このまま部品取りにするにはあまりにももったいない。本当にもったいなくて、毎晩もったいないお化けが出てきてうなされそうだ。
(最近の子は、もったいないお化けを知っているのだろうか)

というわけで、「X202Eのマザーボードっていくらなんだろう」と、いつものようにAliExpressで調べてみた。

相場としては、65ドルから190ドル。搭載CPUで価格に幅があるようだ。
CPUは上はCore i5から下はCeleron 847 (1.1GHz)とかいううんこみたいなCPUとなっている。
その安いマザーボードの中にメモリが2GBのものがあった。
「メモリを減らしてどうする、むしろ増やさないとダメだろう」と思っていたら、あったよ
8GB
のものが。

ただ、CPUがCore i3 2365M(1.4GHz)にダウンしてしまう。まあ、CPUよりもメモリ容量が欲しいので我慢しよう。

しかし、商品説明がおかしい。
PGA989とか、Socket AM2とか、Sokect 754とか、フォームファクタがATXとか、ふざけたことが書いてある。
また、メモリも拡張できないオンボードなのに「Maximum Ram Capacity: 8GB」となっている。
どう考えてもおかしい。

ふと、
ニセ大江戸温泉物語
のことが頭によぎったが、既に物欲が警戒心を上回っていたため、
「本当に8GBならラッキー、4GBなら標準サイズなのでまあ許す、2GBだったらコロス」
ということで、ポチッと注文した。

x202e-mb-002.jpg
いつものように、春節でしばらく放置されたが、正味2週間で到着。
送料込およそ72ドル。どう考えても安すぎ。
8GB搭載にしては安すぎだろ。いや、4GB搭載でもおかしい。

x202e-mb-003.jpg
壊れたマザーボードと比較。
作り自体はそんなに変わらない。物理的にも問題なし。

x202e-mb-004.jpg
こちらが純正メモリチップ。
マイクロン 2ZE77 D9QBJ。

x202e-mb-005.jpg
こっちが怪しいマザーボード。
2KM77 D9PFJ。
実は、この時点で詰んでいる(笑)

さあ、つべこべ言ってないで、とっとと組み付けだ。
見せてもらおうか、大江戸温泉物語。

だが、起動しない原因がマザーボードではなかった時はどうするのだ。

x202e-mb-006.jpg
組みつけ中に恐ろしいこと発見。
CPUファンのボルトが入らない。

x202e-mb-007.jpg
どうやら、新しいマザーボードはこのバックパネルのヒートシンクがないようだ。
旧マザーボードから外せなかったため、そのまま締めずに取り付け。

x202e-mb-008.jpg
ショート防止のため、旧マザーボードからオレンジ色の絶縁シートを流用した。
CPUコアにシリコングリスを塗り塗り。

x202e-mb-009.jpg
何だかんだで組み付け完了。
SSDの余りがなかったので、今回はHDDを取り付けることにした。

x202e-mb-010.jpg
さて、起動するのか…。
おっ、バッテリーが充電されている。と、いうことは…

x202e-mb-011.jpg
無事起動。しか~し!
2GB
だったよ。

なぁにぃ~!やっちまったな!

メモリ増やすつもりが、むしろ減ってしまった…

やっぱ、
中国は信用できない
ということですな。

商品はちゃんと届いたし、きちんと動作し、値段も安値圏。おろらく、Disputeしても取り入ってもらえないだろう。
Disputeは明らかに壊れている場合や違う商品が届いた場合だけだ。

まあ、まともに動くものが届いただけでも奇跡だった、と前向きに考えよう。

x202e-mb-012.jpg
Windows10を入れたが、何も知らないバージンPCなので当然認証できない。
あの忌々しいWindows8を入れなきゃならない。踏んだり蹴ったりだ。

さて、CPUは1.4GHzにダウン、メモリは2GBにダウンしたこのX202E、何に使おうか。
今時、2GBじゃ大したことできねぇよ。

ASUS S200E X201E X202E Q200 S200L S220 X453M F453 ADP-33BW A 純正ACアダプター 19V 1.75A (4.0*1.35mm)
B018M55WNE

PageTop

ASUS Zenbook UX21E の電源ボタンに腹が立つ

ASUS Zenbook UX21E は家で会社の勤怠や週報の入力に使っている。

先日、週報を書いている時に[Delete]キーを押したつもりが電源ボタンを押してしまい、入力した内容が全部パーになってしまった。

そう、Zenbookは普通のキーボードでは[Delete]キーのある所に電源ボタンがあるのだ。
DSC_0060.jpg

これはちょっとしたトラップだ。

電源ボタンで電源を消すことはないので、無効化したよ。
ux-21e-powerbutton-001.jpg

電源ボタンをキーボードと一体化しているが、Zenbookはキーボード故障が多いので電源が入らない原因の一つにもなっている。

もうちょっと考えてほしかった。ASUSさん。


Powerforjp® Asus C23-UX21 ZenBook UX21 UX21A UX21E Ultrabook シリーズ 大容量 対応 バッテリー/電池 日本からの出荷
B01IHB2MCC

PageTop

ASUS Eee PC 1215B のお色直し (カーボンシート貼り付け)

ASUS Eee PC を多数所有しているため、同じ色だとどれがどれか分からなくなる。

asus-1215b-dressup-001.jpg
1215T と 1215B-E350 と 1215B-E450。
どれがどれか、わっかるかな~、わかんねぇだろうな~。
(このネタ自体、わかんねぇだろうな~)

ということで、カーボンシートを張ってお色直しをしてみた。
選んだ色はブルー。
asus-1215b-dressup-002.jpg

カーボンシートをPCのサイズに切り取る。
asus-1215b-dressup-003.jpg

後でロゴを出すため、メンディングテープを張る。ロゴの周りをカッターで切り、余分なところを取り除く。
こうするのはカッターから保護することも目的だが、テープにテープは貼れないため後で加工し易くなる。
asus-1215b-dressup-004.jpg

シールをはがしてべったり貼る。
タブレットの保護シート同様、ほこりがあると気泡になるので注意。
ただ、粘着力がないので気泡があってもまたはがして貼り直せる。
asus-1215b-dressup-005.jpg

貼ったら、液晶の合わせ目に合わせてカッターで余分な個所を切る。
雑な性格なので、こんな作業に向いていないと痛感。
asus-1215b-dressup-006.jpg

貼り付け完了。
やはり、端が綺麗にならない。
asus-1215b-dressup-007.jpg

ロゴが全く分からないが、メンディングテープのおかげでカーボンシートが浮いている。
asus-1215b-dressup-008.jpg

少しずつ、ロゴを切り出す。
asus-1215b-dressup-009.jpg

切りすぎたところを修正。
カッターの切り口が浮いてしまうので、ドライヤーで固めれば完了。
雑な仕上がりだが、自分用なのでこれでいいや。
asus-1215b-dressup-010.jpg

これ、全部 ASUS Eee PC 1215B。
ちなみに、ワインレッドは1215Tから移植したもので、中身は1215B。
asus-1215b-dressup-011.jpg

よく考えたら、貼りはがしが簡単なので先にロゴ穴を切ってから貼ればよかったよ。
でも、もう一度やり直す気はない。


高品質ハイグレード 3D リアル カーボンシート 152cm×30cm シールステッカー 青 ブルー [TARO WORKS]
B00GRYC9HK

PageTop

Windows Essentials 2012 終了(ファミリーセーフティ)

知らなかったのだが、Windows Essentials 2012 が2017年1月10日で終了したらしい。
windows-essential-finish.jpg

Windows Essentials 2012にはファミリーセーフティというフィルタリングサービスがあるため非常に重宝していたので残念だ。

サービス自体は継続するらしいが、インストーラは現在ダウンロードできない。

1台セットアップが必要になったが、インストーラが残っていなかったのでリスクが高いと思いつつもSoftnicからダウンロードした

Windows8からEssentialsが標準機能になったからといって、Windows7がまだ現役なのだから継続して欲しかった。

残念。

★2017年3月13日追記

どうやら、Windows7でもファミリーセーフティが標準機能となり、Essentials 2012をインストールしなくても、インターネットオプションから設定できるようになったようだ。

family-safty-100.jpg


新・親子で学ぶインターネットの安全ルール
いけだとしお おかもとなちこ つるだなみ
4906768059

PageTop

ASUS X200MA がやって来た

昨年後半はPCを触る気もしなかったが、最近また5,000円以下ノートPCを集め始めた。

で、最近やって来たニューフェイスがASUS X200MA。
x200ma-001.jpg

筐体が全てプラスチック。
CPUがCeleronとなっているがあのうんこAtomの後継(ただし、性能は大幅向上)。
X202Eと比べると、恐ろしく安っぽい。VivoBookの廉価版といったところか。

x200ma-002.jpg
とりあえず分解する。
たまに、ゴム足の下に隠しねじがあるモデルがあるが、これもその1台。

x200ma-003.jpg
X202Eとは違い、上部パネルを外すようになっているので、いちいちマザーボードを外さなくてもキーボードを交換できるようになっている。
まるで、キーボードはすぐ壊れるから簡単に変えることを想定しているようだ(笑)

x200ma-004.jpg
また、あのすぐ壊れる電源コネクタ。
X202E、UX21A/UX31Aと共通。

x200ma-005.jpg
前所有者が無償Windows10にアップデートしていたようで、Windows10を新規セットアップしてもライセンス認証できた。

5,000円以下ノートPCは大抵は何らかの不具合があるものだが、この個体はSSDを入れただけで動作した。
X200MAはX202E同様、キーボードと電源コネクタが弱いのだが、特に問題はなかった。

ただ、これもX202E同様に突然死が多い機種でもあるので、そういった個体はマザーボードが故障している可能性があるので、手を出さないほうがいいだろう。

ということで、私のメインマシンとして活用してもらうことにした。


core 新品 ASUS VivoBook S200E X200CA X200MA X202E 用電源ACアダプター 19V1.75A [純正]
B0191AHM6Y

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。