PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どれだけ充電してもノートPCのバッテリが100%(満充電)にならない

中古でASUS Eee PC 1215Bを最初に手にいれたとき、どれだけ充電してもバッテリランプがオレンジのまま満充電されず、バッテリ残量が100%にならなかった。

battery-001.jpg

リチウムバッテリを満充電のままACアダプタに接続して使い続けると、バッテリの寿命が著しく短くなるのは有名な話で、最近のノートPCやスマホ、タブレットでは満充電しないような制御回路が入っているものもある(電源OFF時やスリープ時は満充電する)

最初はこのPCにも入ってるんだろうなと思っていたら、他のPCで使っているバッテリと替えたらあっさり満充電できた。

battery-002.jpg

単にバッテリが寿命なだけ

安物のPCに制御回路なんてご立派なもの入っとらんわな。

バッテリが寿命に近づくと満充電できなくなるってこと。

PageTop

電源が入らないノートPCを修理した(電源コネクタ交換 ASUS Eee PC 1215B)

ノートPCで、液晶の次に壊れやすいものといえば電源コネクタだ。
使うたびに、ACアダプタを差したり、抜いたり、差したり、抜いたり、差したり、抜いたり、…。そりゃ壊れるわ。

ノートPCの液晶モニタ交換で使用したEee PC 1215Bは、実は電源コネクタが壊れている。

バッテリーでは動くのだが…
powerconn-001.jpg

バッテリーを外してACアダプタだけだと電源が入らない。
もちろん、バッテリーを充電できない。
他のPCで充電して使うといったアホなことをしていたが、さすがにもう限界。
powerconn-002.jpg

ACアダプタを差した時、さっくり感がなく、スカッとした感触。たぶん、電源コネクタが壊れてるんだろう。
powerconn-003.jpg

マザーボードを外してみる。
powerconn-004.jpg

半田のクラックなどは見当たらない。やはり、電源コネクタ交換だ。
powerconn-005.jpg

太郎さん、出番です。
ちなみに、飲食店で太郎さんはゴキブリのこと。
powerconn-006.jpg

鉛フリー半田は融点が高いので、有鉛半田で追い半田を行い、合金化して融点を下げなければならない。
powerconn-007.jpg

えらく苦労したが、最後は力技で外した。
powerconn-008.jpg

さて、交換する電源コネクタだが、残念ながら国内では入手できない。
そこで辿り着いたのがアリババの個人向けサイトAliExpress

アリババすげぇわで注文したもの。そう、それはASUS Eee PC 1215B用電源コネクタ。
alibaba-001.jpg

いくつか出品されていたが、これを選んでみた。
1個だけだと不良品を掴まされたら再注文が面倒だし、かといって100個もあっても仕方ないので、10個入りにした。
powerconn-009-.jpg

何といっても、相手は中華。
事故が怖いので、Vプリカで決済した。
VISAクレジットカード同等で使えるので、海外の買い物をする時には便利だ。
以前は、海外の買い物ではPaypalを使ったが、案の定スパムメールの嵐になった。
もっとも、アリババではPaypalを扱っていない。アリババですら、Paypalを信じていないのだろう。
powerconn-009-2.jpg


海外書留で到着。EMSなら、もっと早くてロストの心配も少ないが、高くつくのであえて普通郵便にした。
11月21日に注文し、12月5日に到着したので、ちょうど2週間。1、2か月を覚悟してたので、かなり早いと思う。
powerconn-010.jpg

さて、この中でちゃんと使えるものはいくつあるか…。
powerconn-011.jpg

君に決めた!
powerconn-012.jpg

さあ、取り付けだ。
powerconn-013.jpg

はめ込んで、半田を付ける。
powerconn-014.jpg

脱脂が甘かったのか、ランドに半田が乗らねえ。
結構苦労して何とか7箇所(裏面5箇所、サイド2箇所)取り付け。
powerconn-015.jpg

本当にこんなもので19V 2.1Aもの大電流が流れるのだろうか。
powerconn-016.jpg

通電テスト、OK。
powerconn-017.jpg

充電テスト、OK。
powerconn-018.jpg

なおったぁ!(ゴステロ風に)
「約束ってのは、する時より破る時の方が刺激的で面白いんだぜぇ」
powerconn-019.jpg

一発で修理が完了したので、9個の電源コネクタが残ってしまった。
手持ちの台数が多いので、いずれ使うことになるだろう。


後日、よく見てみたらAmazonでも同等品を取り扱っていた。
まあ、1215Bに対応とは書いていないし、ちゃんと届いたからいいや。
ノートパソコンDC電源ジャック ASUS Eee PC 1201HA用 PJ154 0.75mm センターピン
ノートパソコンDC電源ジャック ASUS Eee PC 1201HA用 PJ154 0.75mm センターピン

PageTop

Eee PCはSATA2まで

SSDのベンチマークを計測して気付いたのだが、Eee PCは全てSATA2までで、SATA3をサポートしていないようだ。

eeepc-001.jpg

Atom系のNM10 Expressは公式にSATA2となっているので当然なのだが、AMD Fusion系のAMD A50M FCHは公式にはSATA3をサポートしているにもかかわらず、Eee PCではSATA2のインターフェースとなっている。最新のドライバに変えようが、BIOSで設定を変えようが、物理的な制約なので、こればかりは変えようがない。

したがって、Atom搭載の1015シリーズや1025シリーズ、1215Nはもちろん、AMD系の1215B、1225BをSSD化しても、SSDの性能を100%引き出すことはできない。

とはいってもSSDが速いのは確かなので、ローエンドの低価格SSDの交換であれば、コストパフォーマンスも良いのでおすすめだ。

PageTop

ASUS Eee PC ACアダプタ一覧

中古やヤフオクでASUS Eee PCを買った場合、または使っていた純正のACアダプタが壊れた場合、別途ACアダプタを購入する必要がある。

ASUS Eee PCのACアダプタは、主に3種類ある。※

写真機種名規格コネクタサイズ
ASUSTek 純正 ASUS Eee PC 900 901 1000 用 ACアダプター 12V 3A900シリーズ、901シリーズ、1000シリーズ、1002シリーズ、S101シリーズ、1003HAG、MK90H、T91MT、T101MT12V 3A 36W1.7mm×4.75mm
ASUSTek ASUS純正電源 EeePC 1025C / 1025CE / X101H / X101CH / 1101HA / 1215B / 1215N / 1215T / 1225B / VX6用 AC/DC電源 (Black)X101シリーズ、1015シリーズ、1025シリーズ19V 1.58A 24W0.7mm×2.5mm
ASUSTek 純正 Asus Eee PC 1001 1005 1101 1205 19V 2.1A 40W ACアダプター1001シリーズ、1005シリーズ、1008シリーズ、1101シリーズ、1215シリーズ、1225B、VX619V 2.1A 40W0.7mm×2.5mm

基本的には、コネクタの物理サイズが一致し、電圧が一致すれば、ACアダプタを使いまわすことは可能だ。ただ、気を付けなければいけないのは、容量(A)の小さいACアダプタを容量の大きい機種には使えないということだ。

例えば、1215B用のACアダプタは1025Cには使えるが、1025C用のACアダプタは1215Bに使えない。

もし、容量の小さいACアダプタを使うと、多少のマージンはあるだろうが、ACアダプタ内部のヒューズが飛んでACアダプタが故障する。もし、粗悪なACアダプタだとヒューズがない、またはヒューズが機能しないなどで、最悪の場合、発煙・発火・炎上することもありうる。

純正ACアダプタではなく、互換ACアダプタでも十分に使えるが、そこだけは気を付けてほしい。

※補足
1201Tは要求電力が65Wのため、1215シリーズなどの19V 2.1Aでは電力が足りないらしい。Amazon、AliExpressを見たが1201T用は見つからなかった。以前はヨドバシで取り扱っていた形跡はある。

PageTop

ノートPCの液晶モニタ交換(ASUS Eee PC 1215シリーズ)

ノートPCでは、画面が映らない、映像が乱れる、縞模様や線が入る、画面が暗いなど、液晶モニタが原因の故障が多い。持ち運びができるゆえに、落としたりぶつけたりするからだろう。

こうなると、液晶パネルの交換が必要になるが、大抵は新品が買えてしまうほどの修理代となってしまう。
そこで、お金をかけずにてっとり早く直す方法は、同じモデルのノートPCとニコイチにすることだ。

今回は、もはや古いPCとも言えるASUS Eee PC 1215シリーズを使って、液晶モニタを交換してみた。

検体はコレ。
左がEee PC 1215Bシルバー、右がEee PC 1215T ブラック。
monitor-001.jpg

1215シリーズ(1215N、1215T、1215B、1215P)はSeashellプラットホームとして筺体が共通なので、ボディ、キーボード、タッチパッドをそのまま入れ替えすることができる。

別に液晶モニタに不具合があるわけではないが、液晶モニタ、パッチパッドを交換してシルバーとブラックの筺体を変えてしまおうと考えた。

まずは、コイツから。
monitor-002.jpg

裏返す。
monitor-003.jpg

バッテリーを外す。
monitor-004.jpg

バッテリー裏の小ネジ2本を外す。
monitor-005-.jpg

バックパネルのカバーゴムと隠しネジを外す。
monitor-006.jpg

ドライバーの先をバックパネルの穴に差し込み、引き抜く。
monitor-007.jpg

メモリを外す。
monitor-008.jpg

ネジを外す(長さに注意)。基板側が短いネジ1本、ボディ側が長いネジ3本。
monitor-009.jpg

パッチパッドをベキベキはがす。
残念ながら、どれだけ注意深く外しても、必ず爪を折ってしまう。
monitor-010.jpg

パッチパッドを外す。
monitor-011.jpg

パッチパッドケーブルの黒いラッチを下にスライドする。
monitor-012.jpg

タッチパッドのケーブルを外す。
monitor-013.jpg

キーボードのネジを外す。
monitor-014.jpg

キーボードをベキベキ外す。
monitor-015.jpg

キーボードケーブルの黒いラッチを上にスライドする。
monitor-016.jpg

キーボードのケーブルを外す。
monitor-017.jpg

放熱板のネジを外す。
右下ネジに封印がしてあり、この封印を解くと大魔王が復活するASUSの保証が受けられなくなる。その覚悟がないなら諦めるしかない。
monitor-018.jpg

HDDのねじを外す。
monitor-020.jpg

HDDを外す。
monitor-021.jpg

銀のケーブルの黒いラッチを上に上げる(タッチパッドやキーボードと違い、スライドするのではなく上に上げる。)
monitor-022.jpg

ケーブルを外し、無線LANカードのネジを外す。
monitor-023.jpg

アンテナを外し、無線LANカードを外す。
monitor-024.jpg

カメラ端子を引き抜く。
monitor-025.jpg
monitor-026.jpg

ボタン電池端子を引き抜く。
monitor-027.jpg
monitor-028.jpg

右側基板のネジを外す。
monitor-029.jpg

右側基板を外す。
液晶モニタの右側ヒンジのネジが見える。
monitor-030.jpg

液晶モニタケーブルを左右を少しずつスライドする。
monitor-031.jpg

液晶モニタケーブルを外す。
monitor-032.jpg

左側基板のネジを外す。
液晶モニタケーブル下に隠れているネジは長さが違ううえに、アースにつながるので取りつけ時に注意する。
monitor-033-.jpg

左側基板を外す。
monitor-034.jpg

液晶モニタのヒンジネジを外す。
monitor-035.jpg

ケーブル類に気をつけながら、液晶モニタを外す。
左側の太いのが液晶モニタ信号ケーブル、右側の太いのがカメラケーブル、細いケーブルが無線LANアンテナ。
monitor-036.jpg

同様に2台目も分解する。
monitor-037.jpg


液晶モニタ、タッチパッドを入れ替えて、外した順の逆に組み立て行く。


組み立てついでに、タッチパッドの下のネジをセロテープでマスキングしておくと、タッチパッドの誤作動が少なくなる。
monitor-038.jpg

これで、2台の液晶モニタとタッチパッドの交換が完了。
1215Bがブラックに、1215Tがシルバーの筺体に変わった。
monitor-039.jpg


液晶モニタの故障による交換はもちろんだが、この方法を使えば、買い換えることなくシルバー、ブラック、レッドの筺体を入れ替えることができる。
monitor-040.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。