PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ASUS Vivobook X202E 液晶モニタ「液漏れ」

以前、タッチパネルのガラスを交換したASUS Vivobook X202Eだが、液晶モニタまでダメージを受けていたようで、徐々に液漏れが始まった。

x202e-monitor-001.jpg

やっぱ液晶って液が入ってるんだね

などと感心している場合じゃない。
漏れた液がタッチパネルを押した状態となり、マウス操作をすることができない。

x202e-monitor-002.jpg
(液が画面を押している図)

仕方ないので、デバイスマネージャでタッチ操作を無効化した。

x202e-monitor-003.jpg

これでタッチパネルが使えなくなったが、実際のところ

PCにタッチパネルなんていらない

ので、何の不都合もない。

スマホやタブレットだと画面触らないと使えないのに、PCだとむしろ画面触るほうが面倒くさいのはなんでだろう?

ちなみに、液晶の液は一応人体には無害だ。


LCDOLED® 11.6"【ガラスパネル+デジタイザー】タッチガラスパネル【Digitizer Glass Touch Screen】For Asus X202E S200E V1.1 TCP11F16
B00WG06PEM

PageTop

キーボード交換方法 (ASUS VivoBook X202E 修理)

何か面倒くさそうだったが、ASUS VivoBook X202Eのキーボードを交換してみた。

まず、交換用キーボード。
普通にX202E用を使うのは面白くないので、なんとX200MA用を使ってみた(笑)
しかも白色。
だって、X202E用は高いんだもの…。
x202e-new-key-001.jpg

ケーブルが長いからきっとコネクタまで届くだろう。
駄目ならジャンクのX200MAを買って、それに使えばいい。
x202e-new-key-002.jpg

当然、キーボードケーブルを折り曲げることになるが、タッチパッドとかのケーブルも曲がっているからいけるんじゃね?
x202e-new-key-003.jpg

まず、動作テスト。
キーボードケーブルをコネクタに差してみる。
x202e-new-key-004.jpg

動く!動くぞ。
全キー入力可能。
ケーブル形状、信号共に共通のようだ。
x202e-new-key-005.jpg

とりあえず分解。
さあ、これからどうすればいいんだ?
x202e-new-key-006.jpg

どうやら、プラスチックで溶着しているらしい。
この黒い先端をラジオペンチや爪で引きはがす必要がある。
ネジ類は一切外す必要はない。
x202e-new-key-007.jpg

ちぎれたプラスチック頭たち。
x202e-new-key-008.jpg

アルミフレームとキーボードがなんと両面テープでくっついている。
「ここで両面テープ使うかぁ?!」と叫びながら、慎重かつ大胆にアルミフレームをはがしていく。
気をつけないとアルミフレームが曲がってしまうので、マジで注意すること。
x202e-new-key-009.jpg

外れたアルミフレーム。
x202e-new-key-010.jpg

何とキーボードも無数の溶着プラスチックで固定(笑)
端からいくつか取ってみたが、日が暮れそうだ。
こんなブログを書いておきながら、実は短気なので「ムキーっ」とキーボードをひん曲げながら、ベリベリ一気に引きはがす。
どうせキーボード壊れてるし。
x202e-new-key-011.jpg

外れたキーボード。
x202e-new-key-012.jpg

新しいキーボードを取り付け。
x202e-new-key-013.jpg

ケーブルを折り曲げるので、ショート防止のためにケーブルに絶縁テープを貼る。
x202e-new-key-014.jpg

こんな風に折り曲げる。
案の定、アルミフレームのスリットから出すのに苦労した。
x202e-new-key-015.jpg

何とか交換完了。勢いでやっているので、組み付け画像なし。
キーボードケーブルをねじ曲げてしまったが、一応全キー動作している。
意外と白のキーボードでも似合っている。

ただ、X200MA用使うとかアホなことせずに、高くてもX202E用使えばよかったかな。
x202e-new-key-016.jpg

アルミフレームとキーボードが両面テープで直付けになっていたが、アルミフレーム自身がアースになっているようなので、おそらく静電気やリーク電流が発生するとキーボードがショートするだろう。VivoBookでやたらとキーボード不良が多いのは、おそらくそれが原因ではないかと。

キーボード裏に絶縁シートを貼るだけでもかなり違うと思うが、またキーボードが壊れるようなら試してみようと思う。


ノートパソコンキーボード適用する ASUS X202E S200Eブラック フレームなし JP Japan OKNBO-1120JP00
ノートパソコンキーボード適用する ASUS X202E S200Eブラック フレームなし JP Japan OKNBO-1120JP00

PageTop

タッチパネル交換方法 (ASUS VivoBook X202E 修理)

さて、いよいよタッチパネル(タッチスクリーン)の交換方法を紹介する。

まずは、分解。
x202e-016.jpg

タッチパネルの前面フレームを外す。
海外の動画では上から行っているようだが、個人的には下からのほうが楽だと思う。
フレームの左下/右下からドライバを差し込めば、バキッと爪が外れる。
X202e-tpanel-001.jpg

横から少しずつ爪を外していく。
EeePCでキーボードを外すのと同じ要領なので、EeePCを分解したことがあれば楽勝。
X202e-tpanel-002.jpg

コツとしては、
こういって
X202e-tpanel-004.jpg

こういって
X202e-tpanel-005.jpg

こういって
X202e-tpanel-006.jpg

こうやるの(尻芸みたい)。
X202e-tpanel-007.jpg

中にネジが2個所あるので外す。
X202e-tpanel-008.jpg

下側の爪も外して、分離完了。
X202e-tpanel-009.jpg

コントローラ基板のケーブルでちょっと失敗。
黒いほうがラッチだと思って爪を引っ掛けたら絶縁パッドがはがれてしまった。
実は白いほうがラッチ。
X202e-tpanel-010.jpg

コネクタが絶縁されていればいいので、テープで補修。
X202e-tpanel-011.jpg

次にパネルの取り外し。

パネルは外したフレームに両面テープで張られているだけなので、ベリベリはがず。
ここで、注意。
この時、アクリルの細かい破片が飛び散るので、絶対にアイガードをすること!
SODIAL(R)実験室メガネ ゴーグル ストラップ付き目の保護具 実験室作業やアウトドアスポーツ用の透明メガネ
SODIAL(R)実験室メガネ ゴーグル ストラップ付き目の保護具 実験室作業やアウトドアスポーツ用の透明メガネ
また、絶対に周囲に人がいるところでやらないこと。
PCの修理というくだらないことで、失明なんてするもんじゃない。
X202e-tpanel-012.jpg

パネルとフレームを分離。
フレームを折らないように注意が必要だが、弾性があるのでおっちょこちょいの私でも折らなかったので大丈夫だろう。
X202e-tpanel-013.jpg

フレームに残っている両面テープをシールはがしで除去する(多少残留してもよい)。
そして、フレームに両面テープを貼る。
X202e-tpanel-014.jpg

両面テープのシールをはがし、いよいよパネルを取り付け。
X202e-tpanel-015.jpg

新品パネル裏面の保護シールははがす。表側は傷防止のためそのまま付けておき、最後に取り外す。

コネクタを裏側に回し、表側からパネルを張り付ける。
X202e-tpanel-016.jpg

裏から見るとこうなる。
X202e-tpanel-017.jpg

後は取り付けるだけ。

コネクタをコントローラ基板の黒い絶縁パッドにはめ込み、白いラッチで固定する。

パネルや液晶に指紋が付いてしまったら脱脂して綺麗にする。
脱脂、脱脂、脱脂 キック&脱脂!
いや、キックしちゃ駄目だろ。

ネジ2本でパネルと液晶を取り付けて、パチン、パチンとフレームを液晶にはめ込み、取り付け完了。
クリーンルームではないので、埃が入ってしまうのはご愛敬。
X202e-tpanel-018.jpg

ヒンジに取り付けるのだが、どのネジ穴か判るように▲でマーキングされている。
X202e-tpanel-019.jpg

以上、パッチパネルの交換完了。
x202e-panel-005.jpg

PageTop

キーボード故障 (ASUS VivoBook X202E 修理)

ASUS VivoBook X202E が動作するようになって判ったのだが、キーボードが全く反応しない。

他の事例を調べてみると、キーボードがX202Eのウィークポイント、いや欠陥のようだ。

X202Eはかなりの確率でキーボードが壊れる。しかも、日本語版は入手困難らしい。
AliExpressですら、1社だけ40ドル+送料6.53ドルで出ているのみ。

というわけで、USBキーボード。
USBキーボードを繋げば問題なく動作するし、BIOS設定もできる。
x202e-keyboard-999.jpg

この欠陥、キーボードを換えると直ることから、コネクタ側ではなくキーボード側に何らかの原因があるのだろう。

しばらくこれで使うが、そのうちキーボード交換する。
でも、なんか面倒くさそう。
x202e-015.jpg

PageTop

タッチパネル (タッチスクリーン) の交換 (ASUS VivoBook X202E 修理)

AliExpressで買ったASUS VivoBook X202E の交換パネルが到着。
でかい箱。
x202e-panel-001.jpg

これで、割れたパネルを交換できる。
x202e-001.jpg

4/6に発注、4/16に到着。送料込1,531円。
x202e-panel-002.jpg

もしかすると、国内の送料単体と変わらない。一体、原価はいくらだ?お店、赤字じゃないよね。
まあ、この値段なら失敗したらまた買えばいい。

純正のアクリルと違い、この値段でなんとガラス。多少重くなるが、質感アップ間違いなし。
しかも、取り外し工具付きのゴージャス仕様。でも、既にパネル取り外し済みなので使わないが。
x202e-panel-003.jpg

交換方法は長くなるので後日紹介。
x202e-panel-004.jpg

タップ・スライド問題なし。無事交換終了。
x202e-panel-005.jpg

労力としては、取り外し9割、取り付け1割ぐらい。
取り外してしまえば、どうということはない。

修理に出すと数万円するというから、1,500円ほどで直るならもうけもの。


多少高いがAmazonでも取り扱っているようだ。

LCDOLED® 11.6"【ガラスパネル+デジタイザー】フロントパネル For Asus S200 S200E V1.1 TCP11F16
LCDOLED® 11.6

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。