PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

bcdのnx情報が無くなってしまう理由(修復セットアップとかsysprepとか)

Windows10のアップグレードで、一部のPCで出ている
CPUがサポートされていません。
お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、Windows10をインストールできません。
の問題だが、原因は bcd の nx 情報が無くなっているからである(nx/xd bitをサポートしていない古いCPUを除く)。
windows10-image-003

では、何故 bcd の nx 情報が無くなってしまうのか。
理由は以下の2つのいずれかのようだ。
・修復セットアップを行った
・sysprepを行った


修復セットアップを行った
HDDを交換したり、SSDに交換したり、その他デバイスを変更すると、OSを異なるPCにインストールしたと判断され、不正コピー対策で以下のメッセージを表示して起動しなくなる
(HDDは消耗品なんだから、HDD交換ぐらい大目に見てくださいよ、Microsoftさん)。
nx-lost-001.jpg

WindowsのインストールメディアでPCを起動し、以下の修復セットアップを行うと、無事起動するようになる(ただし、再認証が必要な場合もある)。
nx-lost-002.jpg

どうやら、この修復セットアップを行うと bcd の nx 情報が消失してしまうようだ。


sysprepを行った

仮想PCを一度に沢山作成する場合や、企業でPCを複数用意する必要がある場合、PC1台ごとにWindowsを新規インストールすると、大変な手間がかかってしまう(今は更新プログラムが200個以上あって、インストールに丸1日かかるぐらいだし)。

そこで、最新状態のWindows環境を作成しておき、sysprepコマンドで一旦ライセンスを解除しておいて、そのHDDイメージを各PCにコピーすることで、簡単にWindowsインストール済みのPCを用意することができる(ライセンス認証は、PC起動後にオンラインで行う)。
nx-lost-003.jpg

このsysprepを行った場合も、bcd の nx 情報が消失してしまうようだ。


おそらく、この問題が出ている方々は上のいずれかを行ったことがあるのではないだろうか。
これにより、bcd の nx 情報が無くなり、nx/xd bitをサポートしているCPUであるにもかかわらず、Windows10のアップグレードができなくなったのだと思う。

PageTop

bcdeditのnxオプションで指定するのはOptInかAlwaysOnか

Windows10のアップグレードで、一部のPCで出ている
CPUがサポートされていません。
お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、Windows10をインストールできません。
の問題だが、色々な方々がそれぞれに解決策を見つけているようだ。
windows10-image-003

その中で、bcdedit の nx オプションに OptIn ではなく AlwaysOn を指定しているパターンもある。

実際のところ、どちらが正解かということではなく、OptIn、OptOut、AlwaysOn いずれでもWindows10にアップグレードできる。
できないのは nx の指定がない場合と AlwaysOff の場合だけだ(実機確認済)。
OptIn
(デフォルト)
OptOut
AlwaysOn
AlwaysOff×
指定なし×

このオプションの意味はデータ実行防止 - Wikipediaデータ実行防止 : よく寄せられる質問 - Windows - Microsoftに書かれている。

で、これを読んで気付いたのだが、実は bcdedit を使わなくても、コントロールパネルの設定でこの問題は回避できてしまうのである。

コントロールパネル ⇒ システム ⇒ システムの詳細設定 ⇒ 詳細設定 ⇒ パフォーマンス ⇒ データ実行防止

上が nx OptIn 、下が nx OptOut の指定として bcd に反映される。
nx-optin-outout.jpg

一旦、指定されているラジオボタンを逆(図の例では下)にして再起動すると、nx のパラメータが設定され、Windows10のアップグレードで出ていた NX 未サポートエラーは出なくなる。


では、何故 bcd の nx OptIn オプションが外れていたか。
薄々気づいてはいたのだが、実際に検証してみて原因が判明した。

次回、説明する。

PageTop

AMD Athlon II+ASUS M2A-VMにWindows10をインストール

押し入れの奥からAthlon IIのマザーが出てきたので、Windows10 Home 64ビット版を入れてみた。

スペック
CPU: AMD Athlon II X2 240 (2.8GHz)
メモリ: DDR2-533 2GB×2 ECC付き
マザー: ASUS M2A-VM
HDD: WesternDigital 1TB 5400rpm
VGA: RADEON 5450 PCI-E 512MB
電源: EVERGREEN パワグリ 400W
athlon2-001.jpg

VGAとデバイスを1つ除き、ドライバは自動でインストール。Windows Updateを実施することで、全ドライバがインストール。
手動で追加ドライバをインストールする必要が一切ない。
もう、Windowsは来るところまで来たかなという完成度。さすが、最後のWindowsと言われるだけはある。
athlon2-002.jpg
athlon2-003.jpg

キヤノン PIXUS MP600 のプリンタもWindows7 64bit版のドライバとMP Navigator V3.02で動作。
スキャナ、両面印刷、割付印刷も全く問題なし。
athlon2-004.jpg
athlon2-005.jpg

消費電力
無負荷で57W。
athlon2-power-001.jpg

Youtube HD1080p再生で64W~90Wを行ったり来たり。
athlon2-power-002.jpg

待機電力1W~2W。
athlon2-power-003.jpg

これぐらいのスペックになると、Eee PCと違ってサクサク動くし、快適。
でも、大したことやらないので、消費電力と騒音の関係で常用したくないんだな。これが。

PageTop

Eee PC 900HA (Atom N270 1.6GHz)にWindows10をインストール

Windows10検証機のEee PC T101MTが子供のMinecraftプレイ用に取られてしまったので(OptFine入れてやっと動くスペックだが)、代わりにEee PC 900HAをWindows10検証機にすることにした。

CPUがAtom N270 1.6GHzの低スペックなPCだったが、問題なくWindows10をインストールすることができた。
eeepc-900ha-001.jpg

ドライバも自動で全てインストールされた。
eeepc-900ha-002.jpg

低スペックなのでサクサクとはいかないが、ネットサーフィンぐらいなら使えそうだ。

PageTop

キヤノンPIXUS MP600とWindows10の組み合わせで印刷・スキャン

キヤノンのインクジェットプリンタPIXUS MG6530を持っているが、遅いわ、インクがすぐなくなるわ、で我が家の主力のプリンタとして名機PIXUS MP600がまだ現役稼働中である。

Canon PIXUS (ピクサス) MP600Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BCI-7e(BK/C/M/Y)+BCI-9BK 5色マルチパック BCI-7E+9BK/5MP

こいつにWindows10で使用できるか検証してみた。

キヤノン公式にはWindows10は未対応であるので、Windows10用のドライバ・ユーティリティは公開されていない。

ダメ元で、

 Windows7用ドライバをインストール
    ↓
 MP Navigator EX Ver 3.02 をインストール
  ※2015/9/26 修正
(ちなみに、Win8.1に対応したMP Navigator Ver 3.03が海外CANONサイトにある)

でやってみたら、あっさり印刷(カラー、両面、割付)もスキャナも使用できた。

mp600-010.jpg
mp600-011.jpg
mp600-012.jpg


Windows7用のドライバ、アプリケーションでそのままいけるようだ。

後継のPIXUS MP610や兄弟機のMP800なども同様に、Windows7用のドライバ、ユーティリティで動作するかも。

Youtubeでインストール手順を公開中。
Windows10でキヤノンPIXUS MP600を使ってみた

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。