PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SATA2でSSDを使ってみた

SATA2しかサポートしていないPCでSSDを使うとどうなるか検証してみた。

検証ツールは以下の通り。
CrystalDiskInfo
CrystalDiskMark
Windowsエクスペリエンスインデックス


まず1台目。
初めて買ったSSDがこのIntel SSD 330。プチフリ騒動が収束して、SSDが本格的に飛躍し始めたのがこの頃だったと思う。
かなり使いこんで性能が劣化しているが、まだ健在。
MachineASUS Eee PC 1215B
SSDIntel SSD 330 60GB
CPUAMD Fusion E350 (1.6GHz)
OSWindows7 HomePremium 64bit

1215b-1-000.jpg
1215b-1-001.jpg
1215b-1-002.jpg
1215b-1-003.jpg


次に2台目。
SSDの速さに感動して、格安在庫品のものを買ったのがこれ。プチフリSSDの不良在庫かと思ったが、収束後のものだった。
使用頻度の低いPCに装着したので、年式の割に使っていない。
書き込みが遅いのは元々の仕様。
MachineASUS Eee PC 1215B-E45
SSDBuffalo SSD-N64S/M 64GB
CPUAMD Fusion E450 (1.65GHz)
OSWindows7 HomePremium 64bit

1215b-2-000.jpg
1215b-2-001.jpg
1215b-2-002.jpg
1215b-2-003.jpg


3台目。
高速が売りのSandisk。SATA2では殆ど力を出し切っていない。
MachineASUS Eee PC 1215B
SSDSandisk Ultra Disk 128GB
CPUAMD Fusion E350 (1.6GHz)
OSWindows7 Professional 32bit

1215B-3-000.jpg
1215B-3-001.jpg
1215B-3-002.jpg
1215B-3-003.jpg


4台目。
メインPC用。個人的にはかなり新しいSSDだが、毎日必ず使用しているので、かなり使いこんでいる。
最初に壊れるとしたらコイツだろう。
MachineASUS Eee PC 1025C
SSDA-DATA SP900 128GB
CPUIntel Atom N2800 (1.86GHz)
OSWindows7 Professional 32bit

1025c-000.jpg
1025c-001.jpg
1025c-002.jpg
1025c-003.jpg


以上、全てSATA2での接続結果だが、見ての通りSATA2では読み込みは約280MBあたりが限界なのでSSDの性能を出し切っていない。ただし、ローエンドのSSDは書き込み値が低いのでSATA2で使っても何ら問題ないことがわかる。

とにかく、SSDはHDDより遥かに速いので、SATA2のインターフェースしかないPCでも十分にSSDの恩恵を受けるだろう。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。