PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

VMware Player 6にWindows98をインストールする方法 - その2(Windows98インストール編)

次にゲストOSとして、Windows98SEをインストールする。

まず、CD(DVD)-ROMドライブにインストールメディアをセットする。
vminst-008.jpg

VMware Playerを起動する。
vminst-007.jpg

新規仮想マシンの作成(N)をクリック。
vminst-009.jpg

CD(DVD)-ROMドライブを選択する。
事前にインストールメディアをISOファイルに変換しておき、ISOファイルを仮想ドライブとして指定してもよい。
vminst-010.jpg

仮想HDDの作成先を選択する(何も指定しなければ作成先はCドライブとなる)。
vminst-011.jpg

仮想HDDのサイズと1つのファイルとするか、ある程度分割するか選択する。
デフォルトはWindows98の場合は8GB、ファイルは分割する。
vminst-012.jpg

Windows98でネットワークに接続しようものなら、CodeRed・NIMDAの餌食になってしまうので、ネットワークは絶対に繋いではいけない。
このままではネットワークが有効になっているので、ハードウェアのカスタマイズを行う。
vminst-013.jpg

仮想ネットワークカードを選択し、[削除]する。
vminst-014.jpg

ついでに、USBのデバイスを全て表示するようにしておく。
vminst-015.jpg

以上で設定完了。
vminst-016.jpg

ゲストOSとからホストOSへ戻るには、[Ctrl]キーを押しながら[Alt]キーを押す。
操作できないとパニックにならないように!
vminst-017.jpg

あとは、リアルPCと同じ様にインストールを進めていく。
vminst-018.jpg
vminst-019.jpg
vminst-020.jpg

ネットワークの設定さえ気を付けていれば、リアルPCでOSをインストールするのと手順は変わらない。
Windows98ではなく、Windows95やWindowsMe、Windows2000、WindowsXPでもそれほど違いはない。

問題は、ゲストOSのドライバのインストールだ。

続きは次回。
スポンサーサイト

PageTop