PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

D-Sub ⇒ S-Video/コンポジット ケーブル

何かの付属品であろう、D-SubとS-Video/コンポジットが繋がったケーブルがある。
convert-001.jpg
convert-002.jpg

ぱっと見、D-Sub信号をS-Videoやコンポジット信号に変換するケーブルと思われがちだが、世の中そんなに甘くない。
端子形状を変換するだけで、信号はそのままなのである。

つまり、ダウンスキャンもアップスキャンもしないので、要するにそのままでは映らない。
海外インダッシュモニターやHP L2035ですら、映すことはできない。
ユーザサイドで信号を変換しなければならないのだ。

これは寿司屋に例えると、マグロを注文したら一匹丸ごと出てくるようなもの。食べたかったら自分で解体し、切り分けなければならない。普通の人には使い道のない、どうしようもない代物だ。

恒例、Amazonではダウンスキャンコンバータやアップスキャンコンバータと間違えて買った人々が怨嗟の悲鳴を上げている。
ロングテールも結構だが、うっかり素人が間違えて買ってしまうことを考えると、困りものである。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。