PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PCが起動しない(つまらない話)

本当につまらない話なのだが、ふと思い出したので書くことにする。

PCが起動しないので助けてほしい」と呼び出されたので、とりあえず現地へ行ってPCを見に行った。

長年PCを使っていて、大体PCが起動しない原因は
・HDDクラッシュが40%
・電源が30%
・マザーボードが20%
・残り10%

といったところだろう(比率は経験による勝手な憶測)。

HDDは機械的に動いているので一番故障が多く、私も個人使用で10台以上はお亡くなりになっている。

次に電源だが、80plus規格が出てからあまり壊れなくなったが、以前は電源スイッチを押しても反応しないのは、まず電源故障だった。

マザーボードは2000年頃まではBIOSが飛ばない限り壊れることはなかったが、2001年~2005年頃にコスト削減で中国製の粗悪な液体コンデンサが使われてたので、壊れまくった記憶がある。

CPUやメモリは、熱・電圧の安全対策がされているので、通常の使い方をしている限り、まず壊れない。壊れるとすれば、交換や装着時の物理的な破損だ。もちろん、オーバークロックや昇圧でも壊れるが、これは”壊した”というのが正しい。

ビデオカードやビデオ周りはマザーボードほどではないが、結構壊れる。ケーブルが原因だった、というオチも多い。


で、まず電源ボタンを押して問題の再現確認。確かに、電源は入り、電源LEDは点灯し、電源ファンは回るが、画面は真っ暗。
次に、BIOS設定画面を起動。ちゃんと映って設定できるので、CPU、メモリ、ビデオ関係は問題なし。HDDも認識されている。
マスターブートが飛んだか、ディスククラッシュかなーと思い、HDDを外そうと筺体を取り出そうとしたところで、PC使用者が「あーーーーーーっ」と叫ぶ。

バックパネルのところにUSBメモリが差さっている。
昨日、USBメモリにデータを移して、そのまま電源を落として帰ったとのこと。

要するに、USBメモリからブートしようとしてPCが起動しなかっただけ。
USBメモリを抜いたら、無事起動。

この発想は無かった…。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。