PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Catered to Youウイルスを手動削除

あまりお勧めはしないが、OSのクリアインストールではなく強制インストーラでCatered to Youなどのウイルスを削除する方法について紹介する。

Google検索するとCatered to Youウイルス削除ツールが見つかるが、あまり怪しいツールを使うとかえって別のウイルスを呼ぶことになるので、強制アンインストーラを使ったほうがまだマシではないかと。


使う強制インストーラはIObit Uninstaller
これ自身アドウェアも含んでいるが、背に腹は代えられない。


ここからIObit Uninstallerをダウンロードし、インストールする。
iobit-1.jpg
iobit-2.jpg

インストールすると、「プログラムと機能」にPowerful Uninstallのメニューが追加される。
iobit-3-.jpg

Catered to Youを強制アンインストールする。
iobit-4.jpg
iobit-5.jpg

通常のアンインストールではエラーで止まってしまうが、IObit Uninstallerを使えばレジストリ情報ごと削除することができる。

e.Shield Browser Security
Premier Opinion
Optimizer Pro
も同様にIObit Uninstallerで削除する。


テンポラリフォルダにウイルスが残っているので削除する。
C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Temp


次に、ブラウザを修正する。
インターネットオプションを開き、スタートURLを修正する。
iobit-5-1.jpg

[プログラム]タブから[アドオンの管理]を選択。
iobit-6.jpg

[ツールバーと拡張機能]にeShieldがないことを確認する(あれば、無効にする)。
iobit-7.jpg

[検索プロバイダー]で、eShieldが既定となっているので、eShield以外のプロバイダーを選択し、[既定に設定]する。
iobit-8.jpg

eShieldを削除する。
iobit-9.jpg
iobit-10.jpg


念のため、閲覧の履歴を削除する。
iobit-11.jpg
iobit-12.jpg


Firefox、Chromeは個別に対応すると面倒なので、ブックマークをエクスポートし、設定ファイルごと削除して、再度ブックマーク、アドオンを入れ直したほうがいいと思う。
※10/1 設定ファイル場所を追記
(Firefox)
C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Mozilla
C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\Mozilla
(Chrome)
C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Google\Chrome
(このフォルダが表示されない場合は、コントロールパネルの「フォルダーオプション」で隠しフォルダを表示するようにする)。

Spybot - Search & Destory で、ウイルスが残存していないか確認し、トラッキングツールなども削除する。
iobit-13.jpg


これで、IObit Uninstallerは用済みなのでアンインストールする。
ただし、このままだとIObit Uninstaller付属のアドウェアが残留しており、ある日突然、血まみれの画面が出て驚くことになるので、このアドウェアを無効化する。

コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドを入力する。

sc.exe delete LiveUpdateSvc

iobit-14.jpg


以下のコマンドで、「LiveUpdate」というサービスが存在しないことを確認する。

msconfig

iobit-15.jpg
※もし、残っている場合でもLiveUpdateのチェックを外せば血まみれの画面は出なくなる。


あとは、ウイルス対策ソフト(可能ならAvira)でフルスキャンを行い、ウイルスが残っていないことを確認する。
Wiresharkで確認した限りでは毒パケットは吐いていないようなので、保証はできないがこれで大丈夫だと思う。


迷惑ソフト eShield Browser Security 除去方法

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。