PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中華SSDの正体 (SSD PCBA)

AliExpressでSSDを見ていると、時々PCBAというものが見つかる。

何だろうかと調べてピンと来た。
ああ、
そういうことね。

もちろん、PCBAにNANDチップを実装したものが中華SSDというわけではないが、基本的な作り方は同じだろう。

要は、PCB回路設計を行って汎用部品で製造したのが中華SSDだ。
だから、その気になれば日本の中小企業でも日本ブランドのSSDを作ることができる。もちろん、価格は恐ろしく高くなるが。

中華SSDが意外と安くないのは汎用部品を使っているのでコストダウンの余地がないからだろう。
せいぜい安いチップを使うか、回路設計者の給料を下げるか、テストで手を抜くぐらいだ。

また、そこそこ性能が出るのも汎用部品を使っているからだろう。
よほどアホな回路設計をしていない限り、同じような性能になる。

PCBAでJMicronやSilicon Motionのコントローラがやたらと使われているのは中国ではこれらが安くて容易に手に入るからだと考えられる。中華SSDを殻割りしたら、コイツらが出てくるのは間違いない。

なので、「有名メーカのローエンドSSD≒中華SSD」または「1~2世代前のSSD≒中華SSD」と考えれば、それほど毛嫌いするほどでもないのではないか。

むしろ、今までウケ狙いで中華SSDを買っていたのに、正体が判ってくると、なんだか
つまんない。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。