PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

PC用ATX電源でカーオーディオ電源を作ってみた

以前、PC用ACアダプタによるカーオーディオ電源の作成をやってみたが、今度はATX電源で作成してみた。

車好きのPCユーザなら必ず通る道なので、今さらだが。

まずはATX電源の用意。

5~6年前に秋葉原の露店で1,000円ぐらいで売っていたSeasonic SFX 300W電源。
car-power-001.jpg

PS_ONピン(緑)をショートすることで、常時電源供給ができるようになる。
car-power-002.jpg
car-power-003.jpg

これはこれで、マザーボードを組み込まなくてもドライブを動かせるので便利だ。
car-power-004.jpg

4ピンのIDE電源コネクタの黄色が12V、赤が5Vなので、この黄色12Vからカーオーディオの電源を取る。

気をつけなければいけないのは、12Vだけコネクタを差して電源を取っても安定せず、同時に5Vも通電しなければいけないらしい。

ということで、押入れからIDE電源の中継ケーブルが出てきたので(この押入れ、何でも出てくるな)、これにカシメを入れてDVDドライブと接続し、そこから12V電源を横取りすることにした。
car-power-005.jpg

こんな感じ。
car-power-006.jpg

DVDドライブに中継ケーブルを挟み、中継ケーブルからカシメで分岐したケーブルをカーオーディオに接続する。
car-power-007.jpg

うまく動作した。
car-power-008.jpg
スポンサーサイト

PageTop