PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

IDEインターフェースのSSD (KingFast IDE SSD 60GB)

以前、古いノートPCをHDDからSSDに交換して高速化しようと考え、IDEインターフェースのSSD 60GBを購入した。

しかし、XPのサポート切れに伴い、結局はSSDを使うことなくノートPCを処分してしまったので、今は2.5インチUSBケースに入れて外付HDDとして使っている。

もう2.5インチIDEを使うPCは持っていないので、2.5インチIDE⇒3.5インチIDE変換してデスクトップで使い、ベンチマークを計測してみた。

KingFast IDE SSD 60GB。
idessd-001.jpg

スペック上では、64GBタイプはRead 80MB/sec、Write 40MB/sec。
idessd-002.jpg

2.5インチIDEを3.5インチIDEに変換するアダプタ。
計測後、取り外し時に思いっきりピンを曲げてしまった。SSD/HDD側を外すようにして、アダプタはケーブルにはめ殺ししたほうがいい。
idessd-003.jpg

ベンチマーク結果(CPU:CeleronE3400、チップセット:G31)。
idessd-004.jpg

遅っ。

2.5インチHDDケース。IDE、SATA両対応、USB2.0。
idessd-005.jpg

面倒なので、ケースに入れず基板のまま接続。
idessd-006.jpg

USB接続でのベンチマーク結果。
idessd-007.jpg

USB2.0がボトルネックになってRead 30MB/sec前後。

SSDの意味なし。HDDのほうが速い。
せめてランダムが速ければ、メリットがあったのだが…。

IDEの名誉のために言っておくが、これはあくまでベースになっている中華SSDが遅いのであって、本来ならRead/WriteともにIntel系なら100M/sec近く、AMDやITE、Silicon Imageなどベンダ系のATA133インターフェースなら133MB/sec近く出るはず。

まあ、今時2.5インチのIDEを使っている人もいないだろうが、IDEインターフェースのSSDは期待しないほうがいい。


(Ckeyin)KingFast SSD 60GB 2.5インチ内蔵SSD ソリッドステートドライブ 6Gb / sのSATA III
(Ckeyin)KingFast SSD 60GB 2.5インチ内蔵SSD ソリッドステートドライブ 6Gb / sのSATA III
サンワサプライ TK-AD40N 2.5インチHDDアダプタ
サンワサプライ TK-AD40N 2.5インチHDDアダプタ
ノバック SATA / IDE両対応型外付けHDDケース「2.5 SATA + IDE はい~るKIT SATA USB」 NV-HW230US
ノバック SATA / IDE両対応型外付けHDDケース「2.5 SATA + IDE はい~るKIT SATA USB」 NV-HW230US
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。