PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

IOデータ DVRP-U8EK とACアダプタ

リサイクルショップでIOデータ製 USB DVD-Rドライブ DVRP-U8EK が500円だったので、思わず衝動買いしてしまった。
dvd-001.jpg

ただ、DVD-Rの書き込みには電力を多く必要とするため、USBの電源規格では電力が足りず、別途ACアダプタが必要になる。

しかし、そのACアダプタは約1,700円。
I-O DATA バスパワーUSB機器対応 ACアダプター USB-ACADP5
I-O DATA バスパワーUSB機器対応 ACアダプター USB-ACADP5

本体より高いし…。

同じ店で、ACアダプタ付きのUSB CD-Rドライブが300円だったので、これも買ってACアダプタを流用してみた。
dvd-002.jpg
加賀コンポーネント S-8444 5V 2.2A

コネクタ・電圧・電流が同じでも、なるべくACアダプタは流用しないほうがいいのだが、センタープラスにほぼ統一された現在、センターマイナスのアダプタを間違って使うことはないだろう。また、PCのドライブ類の電源仕様は標準化されているので、DVDにCDのアダプタを使う程度なら問題ないはずだ。


さて、実際のところDVDドライブの消費電力ってどれぐらいなのだろうか。本当に2Aや2.2Aも必要なのだろうか。

ということで、消費電力を計測してみた。

アイドル時
dvd-003.jpg

読み込み時
dvd-004.jpg

書き込み時
dvd-005.jpg

書き込み時よりも読み込み時のほうが消費電力が大きい。読み込みのほうが高速回転するので、当然といえば当然か。

1.5Aのアダプタでも流用できるかなと思ったが、結構消費電力が大きいので、やはり最低でも2Aは必要だ。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。