PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キーボード交換方法 (ASUS VivoBook X202E 修理)

何か面倒くさそうだったが、ASUS VivoBook X202Eのキーボードを交換してみた。

まず、交換用キーボード。
普通にX202E用を使うのは面白くないので、なんとX200MA用を使ってみた(笑)
しかも白色。
だって、X202E用は高いんだもの…。
x202e-new-key-001.jpg

ケーブルが長いからきっとコネクタまで届くだろう。
駄目ならジャンクのX200MAを買って、それに使えばいい。
x202e-new-key-002.jpg

当然、キーボードケーブルを折り曲げることになるが、タッチパッドとかのケーブルも曲がっているからいけるんじゃね?
x202e-new-key-003.jpg

まず、動作テスト。
キーボードケーブルをコネクタに差してみる。
x202e-new-key-004.jpg

動く!動くぞ。
全キー入力可能。
ケーブル形状、信号共に共通のようだ。
x202e-new-key-005.jpg

とりあえず分解。
さあ、これからどうすればいいんだ?
x202e-new-key-006.jpg

どうやら、プラスチックで溶着しているらしい。
この黒い先端をラジオペンチや爪で引きはがす必要がある。
ネジ類は一切外す必要はない。
x202e-new-key-007.jpg

ちぎれたプラスチック頭たち。
x202e-new-key-008.jpg

アルミフレームとキーボードがなんと両面テープでくっついている。
「ここで両面テープ使うかぁ?!」と叫びながら、慎重かつ大胆にアルミフレームをはがしていく。
気をつけないとアルミフレームが曲がってしまうので、マジで注意すること。
x202e-new-key-009.jpg

外れたアルミフレーム。
x202e-new-key-010.jpg

何とキーボードも無数の溶着プラスチックで固定(笑)
端からいくつか取ってみたが、日が暮れそうだ。
こんなブログを書いておきながら、実は短気なので「ムキーっ」とキーボードをひん曲げながら、ベリベリ一気に引きはがす。
どうせキーボード壊れてるし。
x202e-new-key-011.jpg

外れたキーボード。
x202e-new-key-012.jpg

新しいキーボードを取り付け。
x202e-new-key-013.jpg

ケーブルを折り曲げるので、ショート防止のためにケーブルに絶縁テープを貼る。
x202e-new-key-014.jpg

こんな風に折り曲げる。
案の定、アルミフレームのスリットから出すのに苦労した。
x202e-new-key-015.jpg

何とか交換完了。勢いでやっているので、組み付け画像なし。
キーボードケーブルをねじ曲げてしまったが、一応全キー動作している。
意外と白のキーボードでも似合っている。

ただ、X200MA用使うとかアホなことせずに、高くてもX202E用使えばよかったかな。
x202e-new-key-016.jpg

アルミフレームとキーボードが両面テープで直付けになっていたが、アルミフレーム自身がアースになっているようなので、おそらく静電気やリーク電流が発生するとキーボードがショートするだろう。VivoBookでやたらとキーボード不良が多いのは、おそらくそれが原因ではないかと。

キーボード裏に絶縁シートを貼るだけでもかなり違うと思うが、またキーボードが壊れるようなら試してみようと思う。


ノートパソコンキーボード適用する ASUS X202E S200Eブラック フレームなし JP Japan OKNBO-1120JP00
ノートパソコンキーボード適用する ASUS X202E S200Eブラック フレームなし JP Japan OKNBO-1120JP00

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。