PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

ASUS Eee PC ACアダプタ一覧

中古やヤフオクでASUS Eee PCを買った場合、または使っていた純正のACアダプタが壊れた場合、別途ACアダプタを購入する必要がある。

ASUS Eee PCのACアダプタは、主に3種類ある。※

写真機種名規格コネクタサイズ
ASUSTek 純正 ASUS Eee PC 900 901 1000 用 ACアダプター 12V 3A900シリーズ、901シリーズ、1000シリーズ、1002シリーズ、S101シリーズ、1003HAG、MK90H、T91MT、T101MT12V 3A 36W1.7mm×4.75mm
ASUSTek ASUS純正電源 EeePC 1025C / 1025CE / X101H / X101CH / 1101HA / 1215B / 1215N / 1215T / 1225B / VX6用 AC/DC電源 (Black)X101シリーズ、1015シリーズ、1025シリーズ19V 1.58A 24W0.7mm×2.5mm
ASUSTek 純正 Asus Eee PC 1001 1005 1101 1205 19V 2.1A 40W ACアダプター1001シリーズ、1005シリーズ、1008シリーズ、1101シリーズ、1215シリーズ、1225B、VX619V 2.1A 40W0.7mm×2.5mm

基本的には、コネクタの物理サイズが一致し、電圧が一致すれば、ACアダプタを使いまわすことは可能だ。ただ、気を付けなければいけないのは、容量(A)の小さいACアダプタを容量の大きい機種には使えないということだ。

例えば、1215B用のACアダプタは1025Cには使えるが、1025C用のACアダプタは1215Bに使えない。

もし、容量の小さいACアダプタを使うと、多少のマージンはあるだろうが、ACアダプタ内部のヒューズが飛んでACアダプタが故障する。もし、粗悪なACアダプタだとヒューズがない、またはヒューズが機能しないなどで、最悪の場合、発煙・発火・炎上することもありうる。

純正ACアダプタではなく、互換ACアダプタでも十分に使えるが、そこだけは気を付けてほしい。

※補足
1201Tは要求電力が65Wのため、1215シリーズなどの19V 2.1Aでは電力が足りないらしい。Amazon、AliExpressを見たが1201T用は見つからなかった。以前はヨドバシで取り扱っていた形跡はある。

PageTop

最近IE11(InternetExplorer11)が遅い

尖鋭的な方々はブラウザと言えばGoogle Chromeを使っているようだが、私の普段使いのブラウザはFirefoxだ。

何故かというと、元々ブラウザをNCSA Mosaicから使い始めて、UNIX版Netscape、Linux版Mozillaと来て、Windows版Mozilla、そしてFirefoxの流れで使ってきているからだ。

IE(InternetExplorer)は初期のMicrosoftに対する悪いイメージもあるが、それ以上に処理が重いのであまり使わないようにしている。それでも、今なおIEでなければうまく動作しないWebサイトが存在するため、やむなくIEを使いざるを得ない場面もある。

また、アカウントを複数持っている場合、いちいちログアウトするのも面倒なのでブラウザでアカウントを切り替えるようにもしており、一番どうでもいいアカウントに使うのがIEだ(笑)

しかし、そのIEが最近重い。しばらく反応が無くなり、WEBページを表示できません、といったメッセージが出ることもある。
Firefoxでは出ないので、通信速度やPCのスペックが原因ではないだろう。明らかに、IEの処理の問題だ。

原因は不明だが、もうMicrosoftのブラウザ開発主力チームはWindows10のEdgeに移行してしまっているので、IEは放置プレイなのかもしれない。

PageTop

ノートPCの液晶モニタ交換(ASUS Eee PC 1215シリーズ)

ノートPCでは、画面が映らない、映像が乱れる、縞模様や線が入る、画面が暗いなど、液晶モニタが原因の故障が多い。持ち運びができるゆえに、落としたりぶつけたりするからだろう。

こうなると、液晶パネルの交換が必要になるが、大抵は新品が買えてしまうほどの修理代となってしまう。
そこで、お金をかけずにてっとり早く直す方法は、同じモデルのノートPCとニコイチにすることだ。

今回は、もはや古いPCとも言えるASUS Eee PC 1215シリーズを使って、液晶モニタを交換してみた。

検体はコレ。
左がEee PC 1215Bシルバー、右がEee PC 1215T ブラック。
monitor-001.jpg

1215シリーズ(1215N、1215T、1215B、1215P)はSeashellプラットホームとして筺体が共通なので、ボディ、キーボード、タッチパッドをそのまま入れ替えすることができる。

別に液晶モニタに不具合があるわけではないが、液晶モニタ、パッチパッドを交換してシルバーとブラックの筺体を変えてしまおうと考えた。

まずは、コイツから。
monitor-002.jpg

裏返す。
monitor-003.jpg

バッテリーを外す。
monitor-004.jpg

バッテリー裏の小ネジ2本を外す。
monitor-005-.jpg

バックパネルのカバーゴムと隠しネジを外す。
monitor-006.jpg

ドライバーの先をバックパネルの穴に差し込み、引き抜く。
monitor-007.jpg

メモリを外す。
monitor-008.jpg

ネジを外す(長さに注意)。基板側が短いネジ1本、ボディ側が長いネジ3本。
monitor-009.jpg

パッチパッドをベキベキはがす。
残念ながら、どれだけ注意深く外しても、必ず爪を折ってしまう。
monitor-010.jpg

パッチパッドを外す。
monitor-011.jpg

パッチパッドケーブルの黒いラッチを下にスライドする。
monitor-012.jpg

タッチパッドのケーブルを外す。
monitor-013.jpg

キーボードのネジを外す。
monitor-014.jpg

キーボードをベキベキ外す。
monitor-015.jpg

キーボードケーブルの黒いラッチを上にスライドする。
monitor-016.jpg

キーボードのケーブルを外す。
monitor-017.jpg

放熱板のネジを外す。
右下ネジに封印がしてあり、この封印を解くと大魔王が復活するASUSの保証が受けられなくなる。その覚悟がないなら諦めるしかない。
monitor-018.jpg

HDDのねじを外す。
monitor-020.jpg

HDDを外す。
monitor-021.jpg

銀のケーブルの黒いラッチを上に上げる(タッチパッドやキーボードと違い、スライドするのではなく上に上げる。)
monitor-022.jpg

ケーブルを外し、無線LANカードのネジを外す。
monitor-023.jpg

アンテナを外し、無線LANカードを外す。
monitor-024.jpg

カメラ端子を引き抜く。
monitor-025.jpg
monitor-026.jpg

ボタン電池端子を引き抜く。
monitor-027.jpg
monitor-028.jpg

右側基板のネジを外す。
monitor-029.jpg

右側基板を外す。
液晶モニタの右側ヒンジのネジが見える。
monitor-030.jpg

液晶モニタケーブルを左右を少しずつスライドする。
monitor-031.jpg

液晶モニタケーブルを外す。
monitor-032.jpg

左側基板のネジを外す。
液晶モニタケーブル下に隠れているネジは長さが違ううえに、アースにつながるので取りつけ時に注意する。
monitor-033-.jpg

左側基板を外す。
monitor-034.jpg

液晶モニタのヒンジネジを外す。
monitor-035.jpg

ケーブル類に気をつけながら、液晶モニタを外す。
左側の太いのが液晶モニタ信号ケーブル、右側の太いのがカメラケーブル、細いケーブルが無線LANアンテナ。
monitor-036.jpg

同様に2台目も分解する。
monitor-037.jpg


液晶モニタ、タッチパッドを入れ替えて、外した順の逆に組み立て行く。


組み立てついでに、タッチパッドの下のネジをセロテープでマスキングしておくと、タッチパッドの誤作動が少なくなる。
monitor-038.jpg

これで、2台の液晶モニタとタッチパッドの交換が完了。
1215Bがブラックに、1215Tがシルバーの筺体に変わった。
monitor-039.jpg


液晶モニタの故障による交換はもちろんだが、この方法を使えば、買い換えることなくシルバー、ブラック、レッドの筺体を入れ替えることができる。
monitor-040.jpg

PageTop

アリババすげぇわ

PCの部品が必要になったので、楽天、Amazon、ヤフオク、秋月、千石を探し回ったが全く見つからず、最後に行き着いたのがアリババ

alibaba-001.jpg

孫社長が馬雲氏に出資してすごいことになった、という話もあったが、その時は「ふぅーん、中国もやっとネット通販の時代か」ぐらいにしか思っていなかった。

しかし、実際に見てみると「何でこんなものまで手に入るんだ?」といった品ぞろえ。
日本では、何かというと、コスト削減、在庫は悪、キャッシュフロー経営…。ユーザニーズに全然応えていない。
もう、ビジネスで日本は中国に完全に負けてるのかもしれない。

とりあえず、Vプリカを使って必要なものを買ったが、何を買ったかは商品が無事届いてから報告する。
と言っても、以前海外Amzonで買い物した時は、速いもので1か月、遅いもので2か月かかったけど…、そもそも届くのか?(笑)

PageTop

Eee PCでHDDマウンタが無い場合の対処

中古やオークションでノートPC(Eee PC)を買うと、機密保護のためか、またはHDD故障のためか、HDDマウンタごと抜き取られた個体がある。

マウンタごときに追加で1,000円、2,000円出すのはアホらしいので、何のことはない、こういった場合は抜き取り用のスペースにウレタンを挟み込めばいい。

hdd-hold-001.jpg
hdd-hold-002.jpg

SATA自身、端子で圧着するようになっているので、ノートPCを振り回さない限り、大抵はこれで大丈夫だ。

実際、N社のノートPCでも、SATA端子の圧着だけでネジは無く、あとはテープでくっつけていたモデルもあった。

PageTop

D-Sub ⇒ S-Video/コンポジット ケーブル

何かの付属品であろう、D-SubとS-Video/コンポジットが繋がったケーブルがある。
convert-001.jpg
convert-002.jpg

ぱっと見、D-Sub信号をS-Videoやコンポジット信号に変換するケーブルと思われがちだが、世の中そんなに甘くない。
端子形状を変換するだけで、信号はそのままなのである。

つまり、ダウンスキャンもアップスキャンもしないので、要するにそのままでは映らない。
海外インダッシュモニターやHP L2035ですら、映すことはできない。
ユーザサイドで信号を変換しなければならないのだ。

これは寿司屋に例えると、マグロを注文したら一匹丸ごと出てくるようなもの。食べたかったら自分で解体し、切り分けなければならない。普通の人には使い道のない、どうしようもない代物だ。

恒例、Amazonではダウンスキャンコンバータやアップスキャンコンバータと間違えて買った人々が怨嗟の悲鳴を上げている。
ロングテールも結構だが、うっかり素人が間違えて買ってしまうことを考えると、困りものである。

PageTop

SSDを安く買う

最近、Amazonのタイムセールで以下のSSDが数量限定で安く売られることがある。

SP シリコンパワー
SSD 60GB

SP シリコンパワー SSD 60GB SATA3 6Gb/s 3K P/EサイクルMLC採用 3年保証 S55 2.5インチ (7mm) SP060GBSS3S55S25FR
SP シリコンパワー
SSD 120GB

SP シリコンパワー SSD 120GB SATA3 6Gb/s 3K P/EサイクルMLC採用 3年保証 S55 2.5インチ (7mm) SP120GBSS3S55S25FR

120GBが普段は5,900円なのに5,100円とか、60GBが普段は4,980円なのに4,380円とか、送料込で秋葉原の最安値よりも安い。

このクラスのSSDでも、チップセットの制約でSATA IIまでしかサポートしていないPCだと恐ろしく速くなるので、お小遣いもないのについつい買いそうになる、

PageTop

Eee PC VX6 ランボルギーニモデル

所有したことも見たこともないのだが、Eee PCにランボルギーニのコラボモデルというものがあった。

ASUS EeePC VX6シリーズ 12.1型ワイド液晶 B5サイズネットブック ランボルギーニモデル ホワイト EEEPCVX6-WH

■西川和久の不定期コラム■
ASUS「Eee PC VX6」
~次世代ION搭載のランボルギーニコラボモデル!


アイディアは非常に秀逸で、機会があれば是非手に入れたいとは思ってはいたのだが、いかんせんベースがEee PC。

Eee PCのコンセプトは低価格・手軽さ。車でいえば軽自動車、しかもS660やコペン、古くはカプチーノやビート、ワークス、ダンガンといったスポーティ車ではなく、日常の足、つまり格安100万円未満のアルトやエッセみたいなもの。それがランボルギーニとコラボしても意味なし

こういったPCを好む層は超スーパーハイスペックでなければいけないので、低スペックのEee PCでは受け入れられず、これも結局は数が出ることなく消えていった。

エイサーもフェラーリとコラボしたモデルを2005年頃から出しており、やはりノートPCゆえに低スペックだった記憶がある。
フェラーリ公認ノートPC新モデル「Ferrari 4000」発売──エイサー
エイサー、2010年度モデルの“フェラーリ公認”ノートPCを発売

ただ、PCといえば無骨なデザインものが多い中、色々なものとコラボして変化をつけるのは面白いと思う。

PageTop

Eee PC MK90H ディズニーコラボモデルのバッテリー交換

一時期、ノートPCで色々と面白いモデルが沢山発売された。
これは、PC市場が完全コモディティ化してしまい、どれを買っても同じという状況で少しでも売り上げを伸ばすためのマーケティング手法だ。

その中の1つが、ディズニーとコラボしたEee PC MK90Hだ。
ASUSからディズニー・ネットブック Eee PC MK90H、9月下旬発売
ASUS EeePC MK90 8.9型ワイド プリンセスピンク EEEPCMK90H-PIN003
ASUS EeePC MK90 8.9型ワイド マジックブルー EEEPCMK90H-BLU003

女性や子供をターゲットにしたのであろう、低価格のEee PCをベースに、ボディデザインや壁紙にディズニーのキャラクターやイメージを施している。

残念ながらこういったキワモノは新品では数が出ず、それゆえ生産中止になるやプレミアが付いたり、中古とは思えないほどの値で取引されたりする。

945GMがベースのため、現在ではスペック的には厳しいものの、SSDに変えればOfficeやネットサーフィン程度ならまだまだ使える。ただ、分解が必要なので、SSD交換のハードルは高い。
How to disassemble an Asus Netbook Disney Eee PC (MK90H)

困ったことにバッテリーも内蔵なので、バッテリーが寿命になるとこれまた分解が必要になる。
しかも、新品のバッテリーが日本国内で入手できないのである。

海外から取り寄せればいいのだが、価格comの掲示板にもあるように、MK90H用とT91MT用が混同しているショップもあるようだ。

ショップでMK90H用となっていても写真が横長のものはT91MT用なので買ってはいけない。写真が正方形に近いずんぐり系のものがMK90Hだ。
そもそも、MK90HとT91MTは仕様が違う。
MK90H : 7.3V 4200mAh
T91MT : 7.4V 3850mAh

結局、このバッテリーを買ったらMK90Hに取り付けることができた。

※補足
バッテリーはAliExpressからでも入手可能。
mk90h-battery-001.jpg

PageTop

Windows10の「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため…」が修正

久しぶりにWindows10のアップグレードを実施したところ、bcdにnxが設定されていない場合でもアップグレードできるように修正されていた。

田マークでアップグレードを試みた結果がこれ。
windows10-new.jpg

世界中で色々な人々が悩まされた問題だったが、ようやくMicrosoft側も対応したようだ。
めでたしめでたし。

PageTop