PCに関するメモ

PCでのトラブル、気付いたことを記載していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

UEFI BIOSではWindows10をクリーンインストール可能

ASUS VivoBook X202Eのセットアップを行っていた際、Windows8⇒Windows10にしようと思っていたら、そんな面倒なことをしなくてもWindows10をそのままクリーンインストールできるようだ。

これは、メーカ製PCで、かつUEFI BIOSの場合、DPK(Digital Product Key)によりPC本体にライセンスキーが入っているためだ。
x202e-win10-001.jpg

もし、中古やジャンクでHDDが抜き取られているVivoBookを手に入れても、SSDやHDDを装着してWindows10をクリーンインストールすればそのままライセンス認証できる。

これは不正でも違法でもなく、Windows10が7月28日まで無償アップグレードできるからであり、7月29日以降は有償になるのでこういったことはできなくなる。

ちなみに、去年作成したWindows10のインストールメディアではうまくいかなかった。
エラーコード : 0xC004C003
x202e-win10-002.jpg

この頃はまだDPKに対応していなかったためらしい。
NXビットの件もあるので、Windows10のインストーラは最新を使ったほうがいい。

Windows10メディア作成ツール

スポンサーサイト

PageTop

Windows10 メディア作成ツールでエラーコード 0x80070005 - 0xA0019 が発生する

Windows10 メディア作成ツールを使ってUSBメモリにWindows10インストーラを作成中、
「このツールの実行中に問題が発生しました」となり、エラーコード: 0x80070005 - 0xA0019 で中断した。

0x80070005-001.jpg

原因は、ウイルス対策ソフト Avira Free でautorunの自動実行が禁止になっていたためだ。

昔話になるが、Autorunウイルスが流行したことがあった。
これは、USBメモリやSDカード、CD/DVDを挿入すると自動的にautorunプログラムが起動することを利用し、autorunプログラムにウイルスを仕込んで伝染させるというものだ。

これ以後、autorunによる自動実行を行わないことが常識となり、その名残りとしてautorunを実行するとウイルス対策ソフトが
アラートを出して中断するようになっている。

これを回避するには、リアルタイムプロテクションを一時的に無効にすればよい(Avira Freeの場合)。

これを
0x80070005-002.jpg

こうする。
0x80070005-003.jpg

PageTop

BIOS設定でXD/NXを無効にしてWindows10にアップグレードしてみた

デスクトップPCではBIOS設定でXD/NXを無効にできるものもあるので、実際にXD/NXを無効にして「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、Windows10をインストールできません。」が出るか確かめてみた。

まずはBIOS設定。

古~いAMI BIOSでの設定例。

起動時にDELキーを連打してBIOS設定画面に入る。
Advanced BIOS Features を選択する。
xd-enable-003.jpg

CPU Feature を選択する。
xd-enable-004.jpg

Execute Bit Support が EnabledになっていればXD/NXが有効。
これをあえてDisabledにしてみる。
xd-enable-005.jpg

Disabled を選択する。
xd-enable-006.jpg

Disabled になっていることを確認する。
xd-enable-007.jpg

Save & Exit Setup で、設定内容を反映し、終了する。
xd-enable-008.jpg

OK でBIOS設定完了。
xd-enable-009.jpg

CrystalCPUID でXD/NXが無効になっていることを確認する。
xd-enable-001-.jpg

Windows10 メディア作成ツールでアップグレードしてみたが、「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、Windows10をインストールできません。」は出なかった。
念のためもう一度確認したが、確かに、XD/NXは無効になっている。
xd-enable-002.jpg

さっぱりわからない。

BIOSの設定は関係ないのか?

PageTop

NXがサポートされていないため~でWindows10にアップグレードできないは解決しているはず

相変わらず「NXがサポートされていないため~」でこのブログに到達する方が多いようだ。

デグレードでまたNX/XD問題が再現するようになったのかと、最新のメディア作成ツールを使って確認したが、nx OptIn の項目が無くてもWindows10にアップグレードすることができたので、やはり既にマイクロソフト側で対策がされている。

現在でも、この「NXがサポートされていないため~」が出てWindows10にアップグレードできないのであれば、
・Prescottより古いPentium4やそれよりも更に古いCPUを使っている
・BIOS設定でNX/XDを無効にしている
ということだろう。

CrystalCPUIDでNX/XDが有効になっていなければ、Windows10にアップグレードできないと考えたほうがよい。
windows10-image-004

ただ、CPUではサポートしているがBIOS側でNX/XDが無効になっている場合でも、最新のBIOSで有効にしているケースもあるので、念のためメーカから最新のBIOSが出ていないか確認してみるといいだろう。
IdeaPad S10-2にWindows8を入れてみた

ちなみに、Windows8の時はNX/XDチェックを回避する改造パッチがあったようだが、残念ながら私にはWindows10用のNX/XD回避パッチを作れるほどのスキルは無い…。
Pentium4マシンにWindows8.1をインストールする方法

PageTop

Windows10の「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため…」が修正

久しぶりにWindows10のアップグレードを実施したところ、bcdにnxが設定されていない場合でもアップグレードできるように修正されていた。

田マークでアップグレードを試みた結果がこれ。
windows10-new.jpg

世界中で色々な人々が悩まされた問題だったが、ようやくMicrosoft側も対応したようだ。
めでたしめでたし。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。